毎日パソコン入力コンクール

第14回毎日パソコンコンクール優勝記録

パソコンのキーボード入力の速さと正確さを競う「第14回毎日パソコン入力コンクール」
(毎日新聞社・一般社団法人日本パソコン能力検定委員会主催、公益社団法人全国珠算教育連盟共催、総務省・文部科学者・厚生労働省・経済産業省など後援)の全国大会が7日、東京都渋谷区の同区文化総合センター大和田で行われました。
地方予選には全国の約7万人が参加し、全国大会では上位に入った134人、
遊Net学院からは14名が全国大会出場権を獲得し、日ごろの努力の成果を競い合いました。当日の様子を記録します!

ANA7:50分発の搭乗のため、7:00にセントレア(中部国際空港)アクセスプラザ入口に集合しました。搭乗手続きを済ませ、3グループに分かれ荷物検査に向かいました。
かばんの中にペットボトルやはさみが入っていた子、ベルトでブザーがなる子…
飛行機での東京行きは初めてのことで私たち指導者も緊張しっぱなしでした!定刻通り7:50に中部国際空港を出発し、8:50に羽田空港に到着です。
飛行機の中では「きゃー!飛んだよー!」と興奮!
私たちの中のジンクスで富士山が綺麗に見えると良い結果が残せるというのがあるのですが、
窓の外をのぞくと…
とても綺麗な富士山が見えました!

浜松町到着後、すぐに山手線に乗り換えて渋谷駅に向かいます。
10:00
先に会場に到着している第1回目から参加する森世莉奈さん川村優介くん谷川朱音さん参加の、第Ⅱ類漢字小学生の部が始まっています。
到着後すぐに競技に参加するため、電車の中でまちこ先生の指導です。

渋谷駅到着!
文化総合センターまでは歩いて10分程で到着しました。

渋谷区文化総合センター大和田伝承ホール6階で受付開始です。
子どもたちも緊張でさっきまでの表情が一気に変わりました。

昨年までは指導者も立ち入れない別室での競技でしたが、今年の会場は舞台の上で競技が行われました。
参加の様子が見える今回の大会会場は、保護者の方も指導者の私たちにとっても、とても良かったですね。
参加を待つ生徒たちも観客席で待機します。

競技開始10分前に舞台裏入口に集合します。
本番前、一人一人に声をかけ、最後のまちこ先生の指導です。

第Ⅱ類漢字小学生の部は、漢字と四字熟語の読みと意味が出題され、1000点満点とし速さと正確さを競います。
小学生の部では小学生卒業レベルの漢字、中・高校生の部では高校卒業レベルの漢字の読みと意味が出題されます。
結果は・・・

第Ⅱ類漢字 小学生の部
第2位 森世莉奈(小学6年)

第Ⅱ類漢字 中・高生の部
第5位 谷川朱音(中学2年)
第1位 川村優介(高校1年)

見事、川村優介くんが第1位、総務大臣賞を受賞しました!!

3人とも上位獲得でしたね。とても素晴らしい結果となりました。

英文、和文の部門は5分間に入力できる文字数を競い合います。
ただ速いだけではなく変換機能の理解や、集中力も必要となる競技です。
結果は・・・

第3部英文A 中学生の部
第6位 久綱陽平(中学2年)

第4部英文B
第4位 坂本若菜(高校1年)

第5部和文A 小学生低中学年の部
第2位 久綱りんか(小学4年)
第6位 久保田士稀(小学4年)

第5部和文A 中学生の部
第5位 山本舞(中学3年)
第6位 千賀捺月(中学2年)

第5部和文A 高学年の部
第1位 井上沙英子(小学6年)

見事、第5部和文A高学年の部で井上沙英子さんが1位、文部科学大臣賞を獲得です!!

初参加の小学生の子たちもとても良い成績でしたね。
おめでとうございます。

数字・記号の部は、5分間に入力できる文字数を競い合います。
ミス入力カウントの表示がなく、6カ所の不正解で失格になるという厳しい条件の中で数字と記号を打ち込んでいく競技です。
結果は・・・

第7部数字・記号 小中学生の部
第5位 森世莉奈(小学6年)
第4位 田村有梨沙(中学2年)
第3位 谷川朱音(中学2年)

第7部数字・記号 高校生の部
第7位 坂井真帆(高校1年)
第4位 川村優介(高校1年)
第3位 板谷初奈(高校2年)
第2位 小川華菜(高校3年)

どちらも上位獲得で素晴らしい結果となりました!!
おめでとうございます。


今回1位の沙英子ちゃんは秋季大会で三段を取得しています。
その速さがどれほどのものかというと、和文部門の2級は社会で通用する実務レベルで、1級は手書き文字の約3倍の速さの習熟レベルとなるそうです。
遊Net学院からの最年少出場者の小学4年生の士稀くんは初段、りんかちゃんは二段を取得しています。
全国大会のレベルの高さが分かりますね。

みなさんお疲れさまでした。
今年は総務大臣賞受賞者、文部科学大臣賞受賞者、上位入賞者と、とても良い結果となりました。
翌日毎日新聞に掲載と取材です。
遊Net学院ジンクスの富士山は本当かも!?

 

会場を出るころにはもう外は暗くなっていました。
帰りの搭乗時間に間に合うかな!?少し走りながら電車に乗りました。
まり先生がスムーズに手続きを済ませてくれたおかげで、お土産を買う時間もでき、無事中部国際空港に到着しました。
空港出口で待つお母さんお父さんの顔を見てみんなほっとした様子でしたね。
興奮して結果を話す子や、悔しくて泣き出す子もいました。

全国大会に参加できるだけで本当に素晴らしいことです。
みなさんおめでとうございます。お疲れさまでした。
また来年も参加できるように頑張りましょうね!