文部科学省の学習指導要領が定めている辞書指導は、
国語辞典が小学3年生
漢和辞典が小学4年生からです
が、日常生活ではこれに則る必要はありません。

電子辞書やスマホアプリなどピンポイントで瞬時に調べられる便利なツールはたくさんありますが

調べる過程で
新しい言葉に出会ったり
関連する情報を得たりできるのは
やはり紙でできた辞典をおすすめします。

国語の学習中、わからない言葉を調べていた写真の子は
「辞書って楽しいよね!」と言って
その時間だけでも新しい言葉にいくつか出会っていましたよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA